釣った魚にエサはやらないってこと??

 

推しさんの出演していた舞台も終わり、ただ寝て起きて学校に行ってバイトしての毎日を送っています。ふっと考え事をすると生きている意味が分からなくなりますよね。

 

でも、この前の舞台でたくさん元気をもらったので頑張りたいと思います。

それにしても最高の舞台でした・・・が、推しさんが前楽で転んだときは、もう、死ぬほどびっっっっっくりしました。めちゃめちゃ冷や汗が出ました。

推しさんも私たちと同じにんげんで、怪我をする可能性が、病気になる可能性が、大事な時にお腹が痛くなる可能性が(私がよくお腹を壊すので)あるんだよな、と改めて考えさせられました。

転んだときは大きな音がしてたけれど、怪我はしてなかったみたいです。よかった怖かった。

 

 

5月の現場が終わって、手元にチケットがなくなってしまっていたんです。その期間はとても落ち込んでしまって、駅のホームで「飛び降りたいなあ」なんて日々考えたりしてました。(飛び降りていないから今こうして記事を書いているわけですが)

不思議なもので、"チケットがない、推しさんをみれる予定がないからしにたいな"、ではなく、"チケットがない、しぬなら今しかない!!"、という思考に囚われていました。今までは次の推しさんの予定までは絶対に生きなくてはいけないと思っていたので、その反動なのかなあと思いました。

その後、推しさんの予定が出来て「しのう」という気持ちは薄まっていきました。気分の波が激しすぎて自分でもびっくりします。推しさんに生かされているなあ。

自分の中でぐるぐるしている感情が可視化できないのってとても恐ろしいです。こんなにつらいのに分かってもらえない、こんなに好きなのにそれが全部伝わらない、とかね。

 

次の予定がなくなってしまったことも相まって、私生活で悩んでしまい、臨床心理士の先生とお話ししてきたんですが、その先生に「自分の思っていることを他人も思っているだろう絶対そうだろうと決めつけているんだね。生きにくいでしょ?」と言われてしまいました。

私、他人の感情を勝手に決めつけてたのか。

まず、そこからかって感じですが。私は決めつけていた気はさらさらありません。他者と自分の区別はついています、だってもう成人してるし!!!

「自分の中のルールが強すぎて、そこから外れた人を許せない」とも言われました。

これには、わ、わかる~~~となりました。

でも、これっておたくあるあるじゃないですか??推しさんを応援していく上で、私と応援スタンスが違う人を見ていると不快になりますもん。私よりも現場に行くこと少ない人には本当に好きなの??って思っちゃいますもん。

自分とは明らかに違うひとを許せるようになったら生きやすくなるんでしょうか、というか、許すって何なんだ・・・・・。

なんとなくですけど、現場で同担さんと楽しくワイワイ出来ている人たちは、他人を許せているんだと思いました。

私みたいに、辛い思いをしている人もきっといらっしゃるだろうと思ったので、私が受け取った言葉を共有させていただきました。

趣味(生きるすべ)なのだし、推しさんがだいすきなので、楽しく明るく応援することができますように。

 

 

タイトルは最近の推しさんを観ていて思ったことです。

 

毎回、ネガティブな話なのにも関わらず、お読みくださり、またスターをありがとうございます。思いを綴ってもいいんだな、と肯定されているみたいで救われています。